右手を眺めて

1 PIC00217.jpg 2

私は、脳出血の後遺症で右半身不随となり、後にうつ病に陥ってしまった自分の手記を綴り始めた。半身不随とうつ病に向き合うために。 身体障害と精神病。これらを正面から向き合って理解すること。これは私にとって過酷な作業であり、また時には残酷な作業でもある。

スポンサードリンク

退院

皆様、ご無沙汰しておりました。
去年の暮れから精神病棟に入院しておりまして、皆様のコメントにレスもできない状態でした。ごめんなさい。
お陰さまで昨日退院し、また活動をはじめようと考えております。

この病気、長い付き合いになりそうです。
気長に治そうと考えていますので、宜しくお付き合い願います。

まずは退院のごあいさつまで・・・
posted by たけぱん | Comment(15) | TrackBack(1) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。